日本の畜産の課題

国産の畜産物の大きな課題として、高い生産コストとライバルとなる海外からの輸入畜産物との競争が挙げられます。

日本と海外の規制の違いが課題に

日本国内の規制により畜産農家が使用できない製品が、海外では使用されているといったことがよくあります。コストの削減や資源の有効利用、効率の良い畜産物の生産が可能になるような製品です。

そうした海外の競合による低価格や高品質な畜産物の日本への輸出が、日本の畜産業界にとって大きな脅威となりつつあります。

日本の畜産業界での高い生産コストゆえ、簡単に生産物の価格を下げられないという問題があり、そうした競合との市場争いでは不利にはっているといえます。今後、TTPの導入などで貿易がさらに自由化すると、状況はますます厳しくなっていくと見られています。